TOPSFMプログラムについて

Shizuoka Family Medicine ProgramaboutSFMProgramプログラムについて

ここにしかないプログラム、ここにしかないサポート体制。
明日の家庭医療専門医が、ここから生まれます。

目指していただきたい
家庭医

イメージ

~子宮の中から天国まで~ passion for the future

地域で暮らす人の全ての
ニーズに応えられる
「家族ぐるみのかかりつけ医」

総合診療 家庭医療 こどものケア 思春期のケア 高齢者のケア 女性ケア 在宅医療 慢性疾患のケア 緩和ケア・看取り 救急医療 地域ケア 予防医療

ここがすごい! SFM

  • イメージ

    全科診療をとことん幅広く経験できるのはここだけ!

  • イメージ

    地域の2次医療圏である複数の行政がタッグを組み地域全体を支える取り組みを行い続けているのは ここだけ!

  • イメージ

    ここだけの!地域医療と共に在宅ケアをしっかり経験できます!

  • イメージ

    家庭医養成プログラムの中でも、ウィメンズヘルスケア(女性医療)に力を入れているのはここだけ!

  • イメージ

    浜松医科大学のプログラムなので、アカデミック & リサーチができるのも、ここだけ!

  • イメージ

    家庭医療の先進国である米国ミシガン大学地域家庭医療学講座と連携しているのはここだけ!

SFMの研修期間中は公務員雇用となるので、
安定した収入の確保という点も大きな特徴です!

プログラムの特長8つの強み

経験豊富な指導医陣

全科的に幅広く、かつレベルの高い診療ができる家庭医療専門医を養成するための 指導体制が整っています。
指導医のプロフィール詳細はこちらをご覧ください。

イメージ

明日の家庭医療専門医を育成

家族ぐるみのかかりつけ医になることができるように、内科・訪問診療などを中心とした医療はもちろんのこと、内科・心療内科・小児科・産婦人科・外科・整形外科・皮膚科・救急科などの診療能力が幅広くレベルが高い家庭医療専門医が育っています。

イメージ

家庭医療外来指導の徹底

プリセプター室(指導室)を診察室の隣に設置しています。 外来患者1人ずつの指導を、フリーのプリセプター(指導医)が行いますので、着実に幅広くレベルの高い診療能力を持つ家庭医が育っています。かかりつけ医の観点から、疾患診断・治療のみでなく、予防接種・健診等を含めたヘルスメンテナンスにも配慮するよう指導します。 外来にビデオシススムを完備し、医療面接、身体診察、あるいは認知行動療法など、 外来診療の指導をしています。

イメージ

ウィメンズヘルス研修

浜松医大寄附講座「産婦人科家庭医療学」特任教授が直々に婦人科診療や分娩の指導をします。 産婦人科の研修は2年目に2ヶ月研修します。希望すれば3年目も引き続き研修することができます。

イメージ

充実した研修環境

家庭医療クリニックでの研修

菊川家庭医療センター・森町家庭医療クリニック・御前崎家庭医療センターしろわクリニックでトレーニングします。 それぞれの診察室には、産婦人科診療と内科系診察とが両方できる診察台を完備しています。

イメージ

病院での研修

3つの地域基幹病院(菊川市立総合病院、公立森町病院、市立御前崎総合病院)と高度急性期病院(磐田市立総合病院・中東遠総合医療センター・浜松医科大学医学部附属病院)などで内科・産婦人科・外科・救急・整形外科・皮膚科・精神科・救急科など のローテーション研修を行います。臓器別専門医は指導にとても熱心です。

イメージ

地域で活躍できる
家庭医療専門医を育成

ソロの診療ではなく、グループで診療ができる家庭医療専門医が育っています。 機能強化型在宅療養支援診療所として在宅ホスピス(終末期医療、緩和医療)、在宅ケアや看取りを積極的に行っています。
高齢者のAging Well(生きがいを持ちながら健やかに老いる)、Aging in place (住み慣れた地域で最後まで)を支援しています。 かかりつけの患者さんをオープンベッドで入院治療し、救急外来で初期救急医療を担って地域医療再生に貢献しています。

イメージ

ミシガン大学家庭医療学教室が支援

家庭医療の先進国である米国のミシガン大学家庭医療学教室が、マイク・フェターズ 先生を中心として支援します。 専門研修医は、ミシガン大学家庭医療学科での家庭医療研修と家庭医生涯教育コースに参加することができます。

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

初期研修と専門研修との
一貫コースも可能

初期研修を磐田市立総合病院で行い、その後家庭医療専門医コースで専門医としてのトレーニングを受けることもできます。

イメージ

  • たっぷりと栄養が詰まったカリキュラム!3年+1年合計4年のプログラムで2つの旨味! 専攻医カリキュラム
  • #全科診療#患者中心の医療#人生に寄り添う#リサーチマインド めざす!プログラムの目標
  • ほっ19施設 静岡県を中心に、広いエリアで“ほっ”とする暮らしを支える家庭医療を展開しています。 教育研修環境のヒミツ
  • 知識、経験、高い熱量。プログラムに参加する各病院から、各専門領域のプロフェッショナルが、高い熱量を持って集まっています。 指導医のヒミツ
  • まずは見学! 医療の先にいる“人”を診る「家庭医」「総合診療医」お茶飲みにこない?見学受付中
  • 見学会・説明会など有益な情報をイチ早くお届け!登録してください!まちのお医者さんに憧れている方 転職を考え始めている医師の方 女性医療に興味がある方 将来開業したい方 SFM情報配信サービス
  • 「いいね!」おねがいします! SFM facebookページ 活動報告・ワークショップのご案内など随時更新中!
  • フォローしてください! SFM Instagram ワークショップや勉強会などの各種写真を掲載!
  • おともだち登録おねがいします! SFM 公式 LINE 当プログラムの各種情報をお届けします!

PAGE TOP