Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

2018/7/7(土)家庭医療学 研修医ワークショップ開催のお知らせ

login

ワークショップ

ワークショップのご案内

2018/7/7(土)家庭医療学 研修医ワークショップ開催のお知らせ

SFM家庭医療学研修医ワークショップ
【しずトレ2018】

我々の静岡家庭医養成プログラム(SFM)では、「子宮から天国まで」をキャッチフレーズとして、あらゆる年齢・性別の方の健康問題や健康増進に取り組んでいます。中でも高齢者医療は、加速する日本の超高齢社会において、もっとも必要とされるものの一つです。

高齢者は単に多数の疾患を合併しやすいだけでなく、加齢による認知機能の低下や筋力低下、転倒、ポリファーマシー、栄養、社会・介護の問題など様々な特徴があります。

高齢者に対する医療の特殊性から老年医学が発展してきていますが、日本の医学教育や初期研修では老年医学を体系的に学ぶ機会は多くありません。

そこで、今回は【しずトレ2018】第2弾として、老年医学の視点から考えた高齢者救急やそのマネージメントを学ぶワークショップを開催します。ワークショップの中では、老年医学の基本が学べるのはもちろんのこと、我々が特に重要と考えている高齢者における身体診察、診断推論、女性医療、感染症診療、リハビリテーション、退院支援、退院後のケアなどを、SFM家庭医療指導医が惜しみなく伝授します!

【しずトレ2018】第2弾!!

極意を伝授!明日からの診療が変わる!
「救急外来から始まる高齢者医療のすべて」



日時・場所:
2018年7月7日(土)13:00~17:30
菊川市家庭医療センター
実際の研修施設です)

〒437-1507 静岡県菊川市赤土1055-1

 

セッションのアウトカム

老年医学の視点から高齢者救急の外来・入院マネージメント、退院後の生活について学ぶ

 

WSタイムスケジュール
(内容や時間は変更となる可能性があります)
13:00-13:10  オープニング
13:10-13:30 静岡家庭医養成プログラム紹介
13:30-13:45 「レジデントの1日」紹介
13:45-14:00 フェローシップ紹介
14:00-14:15  休憩
15:15-17:05 セッション:「救急外来から始まる高齢者医療のすべて」
17:05-17:20 クロージング
17:20-17:40 写真撮影 + 個別相談受付
18:30-21:00 懇親会 場所:掛川駅周辺
 ・「レジデントの1日」紹介
 ・SFM指導医やレジデントとのぶっちゃけトーク

対象:家庭医療や当プログラムでの研修に興味のある初期研修医、医師
     (ワークショップの内容は初期研修医以上を対象としていますが、
     空きがあれば家庭医に興味のある学生の方も参加可能です)
定員:15名

参加費:無料

懇親会費:学生・研修医の方無料

宿泊費:無料
     ※宿泊が必要な方はこちらでホテルを手配いたしますので申込欄にチェックをお願いします

申込方法:申込フォームよりお申し込みください。
 
● お問い合わせ:sfm@tenor.ocn.ne.jp(研修コーディネーター:小塚)

~スタッフからのコメント~

初めまして、静岡家庭医養成プログラム(SFM)の松田です。これまでSFMでは趣向を凝らした様々なワークショップを開催してきました。
2018年もSFM一同の強い情熱により、また全国各地からのご要望にお応えして研修医ワークショップの開催を予定しております。
SFMの全精力を注ぎこむことをお約束します。
ぜひ私たちと一緒に“ぶっちぎりの家庭医療を体験してみませんか!?みなさまのご参加を心からお待ちしております!!

~WS担当者からのコメント~

我々の静岡家庭医養成プログラム(SFM)では、「子宮から天国まで」をキャッチフレーズとして、あらゆる年齢・性別の方の健康問題や健康増進に取り組んでいます。中でも高齢者医療は、加速する日本の超高齢社会において、もっとも必要とされるものの一つです。

高齢者は単に多数の疾患を合併しやすいだけでなく、加齢による認知機能の低下や筋力低下、転倒、ポリファーマシー、栄養、社会・介護の問題など様々な特徴があります。

高齢者に対する医療の特殊性から老年医学が発展してきていますが、日本の医学教育や初期研修では老年医学を体系的に学ぶ機会は多くありません。

そこで、今回は【しずトレ2018】第2弾として、老年医学の視点から考えた高齢者救急やそのマネージメントを学ぶワークショップを開催します。ワークショップの中では、老年医学の基本が学べるのはもちろんのこと、我々が特に重要と考えている高齢者における身体診察、診断推論、女性医療、感染症診療、リハビリテーション、退院支援、退院後のケアなどを、SFM家庭医療指導医が惜しみなく伝授します!