Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

EPA入門~Drs. Eric Skye and Mike FettersによるFDワークショップ~(2018年2月3日)

login

ワークショップ

過去のワークショップ

Drs. Eric Skye and Mike FettersによるFDワークショップ

  家庭医療臨床実習指導の新アプローチ
 EPA(Entrustable Professional Activities)
入門〜
2018年2月3日(土)

 

米国ミシガン大学の医学教育エキスパートを講師に迎え、
Entrustable Professional Activities (EPA)について学びます。

EPA(遂行可能業務)は、 適切な資質・能力を持つ学生や初期研修医に限って、
指導医が一定の業務を任せることができるという考え方で、
2015年には厚生労働省の「臨床研修の到達目標、方略及び評価」の骨格案に組み込まれました。

日    時: 2018年2月3日(土)9:00~12:00
場    所: 掛川グランドホテル(部屋:ブルームーン)JR掛川駅1分
参 加  費: 無  料
対            象: 家庭医療・総合診療の研修指導・臨床研修に携わる方
定            員: 15名
使 用 言 語 : 英語(通訳あり)
申 込 方 法 : 下記の「申込フォーム」より、お申し込みください。
        ※締切は2018年1月31日(水)※

申し込みフォーム



ワークショップを通して学べること
  • EPAを理解し、使うコツをつかむ
  • 参加者自身のプログラムの家庭医療外来での指導に合ったEPAに適切なスキルを特定し、ランク付けする
  • EPAの修得度を見極めるための基準を作る
  • 参加者自身のプログラムでEPAを作り、評価するプロセスを導入するための計画を練る


◇講師紹介◇


~
Eric P. Skye, M.D.~

エリック・スカイ(Eric Skye)医師は、ミシガン大学家庭医療学科准教授および同学科教育プログラム副主任。
現在SMARTER-FMプロジェクトの共同研究者を務める。
医学プログラムおよびカリキュラム開発、さらに指導医育成において幅広い経験を持つ。
研修プログラム、前ディレクターとしての経験を生かし米国家庭医療学会の研修プログラム問題解決組織の教育コンサルタントを務める。
国際的には、日本並びにガーナでも医学プログラム
ならびに指導医育成に取り組んでいる。




~Michael D. Fetters, M.D.,M.P.H,M.A.~

マイク D. フェターズ医師( M.D., M.P.H., M.A.)は、家庭医療学研究者、ミシガン大学家庭医療学科教授兼同大学日本家庭健康プログラムの創設ディレクター。
SMARTER FM(静岡-ミシガン大学家庭医療教育・研究)プロジェクト主任。
倫理問題、文化が日本人患者の医療に関する意志決定に及ぼす影響、および研究方法論の観点からの混合研究法の応用に関心を持つ。
混合研究法の学術雑誌 Journal of Mixed Methods Research共同編集長、ミシガン大学Mixed Methods Research and Scholarship Program共同ディレクターを務める。