Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

2017/6/8(木)「家庭医療の実践に生かす家族療法の、ものの見方と関わり方」ワークショップ 

login

ワークショップ

ワークショップのご案内

2017/6/8(木)「家庭医療の実践に生かす家族療法の、ものの見方と関わり方」ワークショップ 
 病院再生と在宅医療マネージメント ワークショップ
 職種を問わず全てのスタッフのためのWSです。
 参加費は無料で、どなたでも参加できます。奮ってご参加ください。
※開催しました。たくさんのご参加ありがとうございました。
 
   職種を問わず全てのスタッフのためのWSです。

 参加費は無料で、どなたでも参加できます。奮ってご参加ください。

タイトル :家庭医療の実践に生かす家族療法の、ものの見方と関わり方

学習目標 : 明日からの診療において、より質の高い家族志向のケアを行えるようになること

 ①   家族療法の基本的なものの見方を列挙することができ、

 ②   家族療法の基本的な関わり方を実演できるようになり、

 ③   患者と家族の関係性が健康問題の要因とどう関係しているか仮説を立てることができる

日時 : 6月8日(木) 14:30~

場所 : 森町家庭医療センター 2F大会議室
     (静岡県周智郡森町草ヶ谷387-1  電話:0538-85-1340)

 ※事前にアンケートの提出が必要です。アンケートを下記よりダウンロードしていただき、
  森町家庭医療クリニック 森田(mfc-coordinator@hosp-morimachi-shizuoka.jp)までご提出ください。

 アンケート
 

【講師プロフィール】

若林英樹 (わかばやしひでき)

 

プライマリ・ケア認定医・指導医,医学博士,家族療法修士

三重大学大学院医学研究科地域医療学講座 講師

 

1995年徳島大学医学部卒.臓器や疾患によらず患者をトータルで診られる医師になりたいという思いから総合診療医を志す.大学病院や地域の病院に勤務する中,こころや家族関係が健康問題に強く関連し,そのサポートが治療に効果的であることを痛感し米国サンディエゴ大学大学院にて家族療法を学ぶ.帰国後は総合診療,在宅医療のみならずその教育にも従事.2014年より現職,総合診療分野の将来を見据え,診療のみならずリサーチマインドを持つ総合診療医の養成に取り組んでいる.