Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

Dr.Mike Fetters(ミシガン大学教授)による「研究論文の書き方」ワークショップ

login

ワークショップ

過去のワークショップ

Dr.Mike Fetters(ミシガン大学教授)による「研究論文の書き方」ワークショップ

 ワークショップ 「研究論文の書き方」

講師:ミシガン大学家庭医療学科 マイク フェターズ教授

 

日時: 6月4日(土) 8:30~10:30(8:00より受付)

対象者:医療、健康科学および社会科学分野で、研究をしている方

定員: 20人

場所: 掛川駅前ビル(大会議室)

申込方法:下記申込フォームよりお送りください


このワークショップでは、130本を超える原著論文の執筆経験を持ち、Journal of Mixed Methods Research誌の現編集長を務めるマイク・フェターズ教授を迎え、研究論文の書き方のベストプラクティスを学び、参加者自身の論文執筆を進めます。


参加者はワークショップ中に
• 投稿雑誌の候補を選ぶ
• 論文タイトルと抄録を書く
• 序論、方法、結果、考察などの構成を考えながら論文を組み立てる
• 図表や付録の下書きを作る

使用言語:日本語 英語

参加にあたって:研究のどの段階であってもよいが、研究データの一部あるいは全てが収集済みであるとさらによい。論文の下書き、抄録、ポスターあるいは口頭発表の原稿やデータを示す図表などがあれば学習効果が高まる。パソコンやタブレットを持参のこと。


Workshop 
“Writing Your Original Research for Publication”

Dr. Michael D. Fetters , Department of Family Medicine, University of Michigan

This workshop is presented by Dr. Michael Fetters, an accomplished author of over 130 original research articles, and Editor of Journal of Mixed Methods Research. The purpose of this workshop is for participants to learn and apply through work on their own papers best practices for writing up original research.

By the end of this session, participants will: 
 Select potential journals
 Draft a study title and abstract
 Utilize structure to organize the introduction, methods, results and discussion 
 Develop and use tables, figures, and appendices 

Suggested Preparation:
At some level, participants should have at least started their research, and will benefit most if they have already completed fully or in part, their data collection. Bringing a draft of the paper, submitted abstract, poster, or presentation along with any data tables, figures or illustrations will maximize writing progress. Participants should bring a laptop/tablet for working on their papers.