Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

2015/8/13(木) 家庭医療看護ワークショップ ※開催しました

login

ワークショップ

過去のワークショップ

2015/8/13(木) 家庭医療看護ワークショップ ※開催しました
家庭医療看護ワークショップ
職種を問わず家庭医療に関わる全てのスタッフのためのWSです。
参加費は無料で、どなたでも参加できます。奮ってご参加ください。
 
※開催しました。
 
【タイトル】 家庭医療看護ワークショップ
 
【学習目標】 

    1) ミシガン大学家庭医療科での各職種とその役割を知る。

    2) ミシガン大学家庭医療科での看護師の役割と仕事内容を知る。

      ・トリアージ、電話相談の実際

      ・外来診療の中での役割

      ・ケア・コーディネーションの重要性

      ・慢性疾患患者の教育の実際とセルフ・マネージメント(エンパワーメント)

      ・グループ診療

    3)  家庭医療科看護師の教育とトレーニングを知る

    4)  アメリカの家庭医療看護の中から日本で参考にできるものを考察する


【日時】  8月13日(木) 14:30~17:30

【場所】  菊川市立総合病院 2F 会議室
     (静岡県菊川市東横地1632  電話:0537-35-2135)
 
【お問い合わせ】 静岡家庭医養成プロラム 林 sfm@tenor.ocn.ne.jp 


【講師プロフィール】

大崎はる子氏(看護師、ミシガン大学ヘルスシステム家庭医療科勤務)

新潟県立看護学校卒業。

聖マリアンナ医科大学附属病院(本院、西部病院)、横浜総合病院勤務後1993年に渡米。

1994年アメリカ看護師ライセンス取得後、ミシガン州バトルクリーク ヘルスシステム勤務。
1998年より現在のミシガン大学ヘルスシステム家庭医療科に勤務。