Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

ごあいさつ

login

ABOUT US

静岡家庭医養成協議会

ごあいさつ

静岡家庭医養成プロジェクト:磐田市市長・磐田市立総合病院 病院長のあいさつ

磐田市長 渡部 修

磐田市、菊川市、森町の2市1町は、平成22年4月から静岡家庭医養成プロジェクトを立ち上げ家庭医養成の第一歩を踏み出しました。

当地域で家庭医の養成を始めるきっかけは、医師不足をはじめとする地域医療を取り巻く厳しい環境にありました。そのような状況の中、磐田市立総合病院で行われたミシガン大学のマイク・フェターズ先生の講演会が契機となり、各病院の関係者のご尽力により今回のプロジェクト実現にこぎつけることができました。

当プロジェクトは、世界標準の家庭医を養成することを目標としており、その目標の実現のため、ミシガン大学家庭医療学科や一般財団法人家庭医療学研究所の協力を得て、優秀な指導医に出会うことができました。また、後期研修医には2市1町にあるそれぞれの自治体病院と菊川市と森町に整備される予定の家庭医療クリニックで充実した研修を受けていただくことができます。

充実した研修環境また自然環境の中、多くの優秀な家庭医が育つことを期待し、当地域だけでなく全国各地の地域医療が抱える問題を少しでも解消することができればと考えております。

磐田市長 渡部 修

磐田市立総合病院 病院長 北村 宏写真

静岡家庭医養成プログラムが動き出してから早くも3年4ヶ月ほどが経過しました。この間には菊川市と森町にそれぞれ家庭医療センターが建設されましたし、レジデント一期生が研修を終了し、2名がこの地に残って活躍しています。現在、指導医3名、クリニカル・フェロー1名、フェロー1名、レジデント10名となっています。在宅診療も開始され、地域住民の方からも大変喜ばれております。
また、一般財団法人家庭医療学研究所および米国ミシガン大学家庭医療学科には引き続き当プログラムに対するご支援をいただいており、ミシガン大学への短期留学制度も継続して行っております。

将来家庭医を目指している方で当プログラムに興味のある方はぜひ一度ご連絡ください。

磐田市立総合病院 事業管理者 北村 宏